食べるという事

食べるという事
自然療法では、命のあるものを頂きましょうと言っています。
命のあるものとは。。。
野菜、お魚、お肉
(放置して置くと腐るもの)
玄米や大豆、ゴマ、根菜類など生命力のあるもの
(玄米は水に浸しておくと発芽してきますよね。命があるという事です)
お味噌、麹などの発酵食品
(発酵菌が生きています)

命がない食べ物とは。。。
ハム、ウインナーのどの加工食品
コンビニの食べ物
マーガリン(一生腐りません!!!)
要は、添加物、防腐剤が入っているものです
川崎の水道水も塩素が強くて飲めません。。。

やはり手作りするのが1番ですね。
楽しみながら出来る範囲でやっていくのがベストだと思います。
何事も、バランスが大事だと思います!

先日、熊本に帰省した際、病気をした事がないと言う70代後半のおばあさんに、健康の秘訣をお聞きしました!
1 腹八分目に食べる
2 手作りの物を頂く
3 頑張り過ぎない。
(その方は、みかん農家の方でしたが、収穫作業も体力の限界までは働かなかったとおっしゃってました)

食という字は
人と良くすると書くのよ!と教えて頂きました(目からウロコのお話でした!)

食べる事は、人を良くするのであれば、出来るだけ身体に良いものを摂りたいな!と思いました。

この情報がみなさまのお役に立てたら。。。嬉しいです!